ホームに戻る
株式会社エリクスは、北海道札幌市・神奈川県横浜市で、廃油回収業務、廃油リサイクル、バイオディーゼル(BDF)装置の製造、販売を行っております。
廃油リサイクル BDFサポート 会社概要 お問い合わせ
 

地球の自然環境の中で、繰り返し得ることの出来る再生可能なエネルギー

 

バイオディーゼル〈BDF〉とは、「BIO DIESEL FUEL(バイオディーゼルフューエル)」の略で、化石燃料(軽油)の代替燃料として、植物性の油を原料にしたディーゼル用燃料を言います。
いずれ枯渇してしまう化石燃料に対して、地球の自然環境の中で繰り返し得ることができる再生可能なエネルギーです。

 

軽油と比較して環境負荷が少なく、CO2排出量はゼロ

 

また、バイオディーゼルは軽油と比較して環境負荷が非常に少なく、CO2の排出量はゼロカウントとなります。

環境・健康にやさしく、わたしたちの住まう地球を元気にするエネルギーとして、 今後ますます、多方面から注目を浴びています。

 

 

バイオディーゼルの特徴

 

カーボンニュートラルのイメージCO2排出量がゼロカウント

食用廃油に含まれるCO2は、食用油の原料である大豆や菜種などの植物が、
大気中から吸収したものであり、バイオディーゼル燃料使用により発生するCO2は、地球環境中のCO2を増加させません。 これはカーボン・ニュートラルとして定義され、バイオマスの燃焼に伴うCO2排出量が、元々原料となる植物が大気から吸収したもので、京都議定書(COP3)で規定されたエネルギー部門のCO2排出量には参入されないとされます、BDFはまさしくカーボンニュートラルであり、地球温暖化に有効なのです。

 

 

黒鉛、軽油と比較して約3分の1以下。

多くの疾病原因とされている黒煙は、軽油と比較し約3分の1以下に減少します。

 

 

硫黄酸化物はほとんど含みません。

小児ぜん息・アトピーなどの原因と言われている硫黄酸化物は、排ガス中にほとんど含みません。

 

 

市販のディーゼル車に使用できます。

市販のディーゼル車に使用できます。特別な仕様変更をする必要はありません。

 

 

軽油と同等の燃費と走行性を発揮。

バイオディーゼルは、軽油と同等の燃費と走行性です。

 

 

軽油引取税は課税対象外。

100%の使用であれば、軽油引取税は課税対象外となります。


 

バイオディーゼル(BDF)の精製

食用廃油100リットルから、約90リットルの燃料ができます。

 

回収した食用廃油は、装置でメタノールとアルカリ触媒を加え化学反応させ、 軽油成分と同じバイオディーゼル(メチルエステル)を取り出します。その後、数回の洗浄工程を経てバイオディーゼル(BDF)が完成します。食用廃油100Lから約90Lの燃料ができます。

 

BDFの化学反応

 


 BDF精製フロー図
BDF精製フロー図

メリット デメリット
  • 軽油と比べ、リッター当りの単価が安い。
  • エンジン内部の汚れが除去できる。
  • 黒煙が約1/3以下である。
  • 硫黄酸化物は、排出ガス中にほとんど含まれない。
  • 一般ディーゼルエンジンに使用できます。
  • 軽油と変わらない燃費走行です。
  • BDF100%の使用であれば、軽油引取税は課税されません。
  • 上記の事により、地球温暖化防止・二酸化炭素の削減に貢献できます。
  • 熱の影響により酸やスラッジ(固まり)を発生させ、品質が劣化しやすい。
  • 燃料フィルターの交換に気をつけなければいけない。
  • ガソリンスタンドのように全国にあるわけではない。

 

このページのトップへ

株式会社 エリクス

本社 / 神奈川県横浜市旭区上白根町784-37 TEL:045-350-8876 FAX:045-350-8875

札幌エリア電話番号 / TEL:011-300-0050 FAX:011-303-7050